ゴシゴシ洗いはNG!手洗いで美肌と臭い無しの身体を手に入れよう!

汗臭い臭いが気になるあまり、なるべく体を清潔にと心掛ける人も多いのではないでしょうか?もちろん体を清潔にし、汗をこまめに拭いたり、制汗スプレーをしたりすることは大切です。

一日の汚れをちゃんと落とすべく、入浴時にごしごしと洗っていたりしませんか?しかし、入浴時にごしごしと身体を洗いすぎが原因で悪影響を及ばすことがるのです。

皮膚の表面には細菌が住んでいます。これはみな同じです。この細菌には悪玉菌と善玉菌があり、臭いの原因は悪玉菌です。健康な皮膚の表面には表皮ブドウ球菌という善玉菌が皮膚を支配しており、汗や皮脂を栄養として、表皮ブドウ球菌が弱酸性の脂肪酸を皮膚に浸透させます。この働きにより皮膚表面が酸性に保たれて肌の表面がしっとりするのです。これにより汗をかいても臭わない体になるのです。臭いをなくすためには皮膚を善玉菌が支配していることが重要となります。

しかしお風呂に浸かったり、シャワーしたりすることで、約8割の善玉菌が流れてしまいます。さらに残された2割をごしごしと体を洗ってしまうと、体臭がきつくなってしまうのです。皮膚表面の善玉菌は10%でも残っていれば、24時間かけてもとに戻ります。そのためなるべく多くの善玉菌を残すことが重要となります。

ボディタオルやスポンジでごしごしと体を洗ってしまうと善玉菌が減少し、肌の角質が傷つき、肌のバリア機能が著しく低下してしまいます。ゴシゴシ洗うことで皮膚の表面を傷つけ、水分量が低下し、乾燥肌になってしまうのです。また皮膚の悪玉菌の数が増え、体臭の原因となるのです。

身体の汚れは手洗いで十分落ちますので、良く泡立てた石鹸やボディソープで洗うようにしましょう。背中など手が届かない部分は洗った気がしないと不安に感じるかもしれませんが、流れた泡で十分に汚れは落ちるので大丈夫です。

お風呂にゆっくり浸かることで、身体もリフレッシュすることができます。また体を手洗いすることで、臭わないトラブルなしの肌を目指しましょう。