汗腺が詰まってる!顔汗がひどい原因とは・・・

子供のころはたくさん遊んで、たくさん汗をかいていたのに、大人になると汗をかくと臭いが気になったり、ダラダラと汗をかくことに不快を抱くようになります。またすぐに顔に汗をかく人も多くいます。顔に汗をかくと、女性の場合、軽症が崩れたりするため、不快に感じる人もいます。また男性の場合も、顔からダラダラと汗が出ていると女性に嫌われないかと不安になるものです。

顔に大量に汗をかく原因は3つあります。まずは肥満です。よく太っている人が、ハンカチで汗を拭いている姿をよく見ますよね。肥満の人は脂肪のせいで体の中の熱をうまく放出できず、汗をかきやすくなります。これは顔だけに限らず、全身い汗をかきやすくなるのです。

次に、多汗症です。外の気温に限らず、汗をダラダラかく人は多汗症の特徴です。また運動していないのに汗をかく人もそうです。

次に顔だけに汗をかく人、全身の中で顔汗が一番ひどい人は、顔以外の汗腺が休眠している可能性があります。休眠と言えばおおげさですが、汗腺の休眠状態は、手足を温めるなどして発汗しやすくすることで解消されます。いろいろな汗腺から汗が出てくるとそのうち顔汗も減ってくるでしょう。

主にあげられるのがこの3つの原因です。肥満が原因の顔汗は肥満を解消することが一番の改善方法です。多汗症の場合は、様々な改善方法がありますが、顔汗がひどい場合は一度病院を受診するのがいいでしょう。

サラサラの汗の場合、さほど心配する必要はありませんが、ドロドロする顔汗をかく場合は、他の病気が隠れている場合があるため注意が必要です。顔汗をダラダラとかく場合は甲状腺のホルモン異常のパセドウ病や更年期障害の場合もあります。

汗は臭いはもちろん、ダラダラと汗をかいていると自分も周りも深いに感じるものです。汗をかきたくないのに、ダラダラと汗をかいていると日常生活にも支障をきたす恐れがあります。顔汗がひどい場合は、それらの原因を突き止め、改善していくようにしましょう。