大豆イソフラボンで汗を抑える!大豆食品が効果的!

汗のにおいを臭くする原因として肉類や香辛料があげられますが、実は汗臭いにおいを抑える食品もあるのです。汗のにおいを臭くする食品は食べることを避けるのが一番ですが、やはり肉類や香辛料を全く食べないという訳にはいきません。そうなると汗臭さを抑える食品を積極的に取るのが一番です。

汗臭さを抑えるには汗を抑えることが重要です。汗を抑える食品として一番にあげられるのが大豆製品です。大豆には大豆イソフラボンという女性ホルモンに似た働きをする栄養素が含まれています。女性ホルモンを活発化させることで汗が出るのを抑制する作用を促し、汗を浄化させる働きがあります。大豆食品は摂取しやすく、豆腐サラダにしたり、お味噌汁に豆腐を入れたり、納豆を食べたり、料理にも使いやすい食品です。それでも忙しい時は豆乳で摂取するのもいいでしょう。

また体を冷やす食品もおすすめです。トマト、きゅうり、ナス、スイカなどの夏野菜がおすすめです。体を冷やす食品を摂取することで体温の急上昇を抑え、汗をかくことも抑えられるのです。

またパンやご飯のような炭水化物はたんぱく質や脂質に比べると、汗が出ずらいと言われています。たんぱく質中心の食事より炭水化物中心の食事を心掛けるといいでしょう。

梅干しや海藻類も汗臭い臭いを抑えてくる食品です。海藻類は食物繊維を多く含み、ミネラルやビタミンも豊富に含まれています。それに加え低カロリーです。汗臭さを抑える効果のある食品ですが、それだけにとどまらず、私たちの身体を健康にしてくれる食品なのです。積極的に摂取していきたいですね。

汗を臭くする食品を食べないことも重要ですが、それでもその食品も私たちの身体を作る上で重要なエネルギーです。汗を臭くする食品の摂取量を抑え、体臭を抑える食品を積極的に摂取することで汗臭い臭いを抑えるようにするといいでしょう。汗にとどまらず、和食中心の食生活にすることは身体にとってもとてもよいことです。