臭いの原因は食生活の欧米化?肉類は体臭を強くする!

汗臭い臭いや、大量に汗をかく原因には汗腺が大きくかかわっており、運動し定期的に汗をかくことはとても大切なことです。しかし、運動すること以外にも大切なことがあります。汗には生活習慣を見直すことが大切です。そこで重要となってくるのが食生活です。日本人はもともと体臭が少ない体質ですが、近年では食生活の変化で体臭が強くなってる傾向にあります。もともと体内に取りこんだ食べ物は腸内の常在菌によって分解され臭いが発生します。臭いは一部おならや便として排出されますがほとんどは血液から体内に吸収されます。ほとんどが、肝臓で無臭化され尿として排出されますが、残りは口から口臭として、汗からは体臭として排出されていきます。そのため臭いのキツイ食べ物を食べると必然的に体臭もきつくなるのです。

一番避けると良いとされている食品は肉類です。肉類は高カロリーで高蛋白質です。また動物性脂肪がたっぷりと含まれており、汗のにおいをきつくする原因となります。動物性脂肪が汗の臭いの元のアポクリン汗腺や皮脂腺を刺激して過剰な分泌物を作り出します。

臭いのキツイものや香辛料を多く含んだ食べ物も避けた方がいいでしょう。臭いのキツイ食べ物と言えばニンニクやニラなどがあげられます。これらの食べ物はアリシンという臭いの物質が含まれており、それが血液や全身に回って汗となり、臭いがきつくなるのです。

また香辛料も汗腺の刺激して、汗をかきやすなります。そのため摂取しすぎると多汗症になる恐れがあるため注意しましょう。

辛い食べ物のキムチは逆におすすめなのです。キムチは発酵食品なので、キムチを摂取することで腸内の善玉菌を増やし、動物性由来の腐敗物や脂質の分解や腐敗を防止する働きがあります。

お肉を食べる時に、キムチを一緒に食べると、キムチのおかげて腸内環境が良くなるのです。

また唐辛子にもカプサイシンが含まれていますが、カプサイシンには脂肪を分解し、腐敗を防止してくれる効果があるためおすすめです。

日本人の体臭がきつくなっている原因は、日本人の和食離れにあります。近年欧米化してきた食事を和食中心に変更するだけで改善できるでしょう。

 

汗腺が詰まってる!顔汗がひどい原因とは・・・

子供のころはたくさん遊んで、たくさん汗をかいていたのに、大人になると汗をかくと臭いが気になったり、ダラダラと汗をかくことに不快を抱くようになります。またすぐに顔に汗をかく人も多くいます。顔に汗をかくと、女性の場合、軽症が崩れたりするため、不快に感じる人もいます。また男性の場合も、顔からダラダラと汗が出ていると女性に嫌われないかと不安になるものです。

顔に大量に汗をかく原因は3つあります。まずは肥満です。よく太っている人が、ハンカチで汗を拭いている姿をよく見ますよね。肥満の人は脂肪のせいで体の中の熱をうまく放出できず、汗をかきやすくなります。これは顔だけに限らず、全身い汗をかきやすくなるのです。

次に、多汗症です。外の気温に限らず、汗をダラダラかく人は多汗症の特徴です。また運動していないのに汗をかく人もそうです。

次に顔だけに汗をかく人、全身の中で顔汗が一番ひどい人は、顔以外の汗腺が休眠している可能性があります。休眠と言えばおおげさですが、汗腺の休眠状態は、手足を温めるなどして発汗しやすくすることで解消されます。いろいろな汗腺から汗が出てくるとそのうち顔汗も減ってくるでしょう。

主にあげられるのがこの3つの原因です。肥満が原因の顔汗は肥満を解消することが一番の改善方法です。多汗症の場合は、様々な改善方法がありますが、顔汗がひどい場合は一度病院を受診するのがいいでしょう。

サラサラの汗の場合、さほど心配する必要はありませんが、ドロドロする顔汗をかく場合は、他の病気が隠れている場合があるため注意が必要です。顔汗をダラダラとかく場合は甲状腺のホルモン異常のパセドウ病や更年期障害の場合もあります。

汗は臭いはもちろん、ダラダラと汗をかいていると自分も周りも深いに感じるものです。汗をかきたくないのに、ダラダラと汗をかいていると日常生活にも支障をきたす恐れがあります。顔汗がひどい場合は、それらの原因を突き止め、改善していくようにしましょう。

 

自力で汗をかこう!汗が臭いのは運動不足が原因!

汗を大量にかくと気になるのが臭いです。体型に関係なく、汗をかくと臭うことがあります。たまに運動すると汗をかきますが、臭っていないか気になるものです。なかには汗をかくのが嫌で運動をしないようにしている人もいるのではないでしょうか?

いろいろな場面で汗をかきますが、汗って臭いがきつい時とそうでないときがあります。夏も冬も不安で制汗スプレーがかかせないという人も多いですよね。

では臭う時と臭わないときの汗にはどのような違いがあるのでしょうか?

通常の汗はかいたあとはサラサラしていて無臭です。暑い夏ダラダラとかく汗は塩分が強くベタつく汗なんです。この汗は悪い汗で通常の汗より臭いがきつくなります。出来ればサラサラの汗ばかりかいていたいのが本音です。運動すると汗をかいてしまうと敬遠されがちですが、汗がにおう原因のひとつに運動不足があげられます。

普段から汗をかかない人は、その機能を使っていないため汗腺が退化してしまいます。そのため、いざ汗をかくと臭いがきつくなってしまうのです。汗をかくということは通常の生活の中でもあります。体温調整などで知らず知らずの間に汗をかいていますが、これだけでは足らず「自分で汗をかく」ことが大切です。

また汗腺を使用していないと、いきなり汗をかくと汗腺がうまく調整できず、大量に汗をかくことがあります。運動不足は臭いもきつく、汗っかきにもなってしまうのです。

体質や体型にもよりますが、普段汗っかきの人は運動不足を解消することで改善されるでしょう。

きちんと汗腺が使われるようになると、汗の量も大量ではなく、体温調整しながら自然にもとに戻っていきます。

汗を大量にかいたり、汗が臭う人は、汗をかくことに対して抵抗をもっています。しかし、汗をかくことで、汗腺が正常に機能します。汗腺が正常に機能することで、さらさらとした無臭の汗にすることができます。自分の力で汗をかくことが大切なのです。