臭いの原因は食生活の欧米化?肉類は体臭を強くする!

汗臭い臭いや、大量に汗をかく原因には汗腺が大きくかかわっており、運動し定期的に汗をかくことはとても大切なことです。しかし、運動すること以外にも大切なことがあります。汗には生活習慣を見直すことが大切です。そこで重要となってくるのが食生活です。日本人はもともと体臭が少ない体質ですが、近年では食生活の変化で体臭が強くなってる傾向にあります。もともと体内に取りこんだ食べ物は腸内の常在菌によって分解され臭いが発生します。臭いは一部おならや便として排出されますがほとんどは血液から体内に吸収されます。ほとんどが、肝臓で無臭化され尿として排出されますが、残りは口から口臭として、汗からは体臭として排出されていきます。そのため臭いのキツイ食べ物を食べると必然的に体臭もきつくなるのです。

一番避けると良いとされている食品は肉類です。肉類は高カロリーで高蛋白質です。また動物性脂肪がたっぷりと含まれており、汗のにおいをきつくする原因となります。動物性脂肪が汗の臭いの元のアポクリン汗腺や皮脂腺を刺激して過剰な分泌物を作り出します。

臭いのキツイものや香辛料を多く含んだ食べ物も避けた方がいいでしょう。臭いのキツイ食べ物と言えばニンニクやニラなどがあげられます。これらの食べ物はアリシンという臭いの物質が含まれており、それが血液や全身に回って汗となり、臭いがきつくなるのです。

また香辛料も汗腺の刺激して、汗をかきやすなります。そのため摂取しすぎると多汗症になる恐れがあるため注意しましょう。

辛い食べ物のキムチは逆におすすめなのです。キムチは発酵食品なので、キムチを摂取することで腸内の善玉菌を増やし、動物性由来の腐敗物や脂質の分解や腐敗を防止する働きがあります。

お肉を食べる時に、キムチを一緒に食べると、キムチのおかげて腸内環境が良くなるのです。

また唐辛子にもカプサイシンが含まれていますが、カプサイシンには脂肪を分解し、腐敗を防止してくれる効果があるためおすすめです。

日本人の体臭がきつくなっている原因は、日本人の和食離れにあります。近年欧米化してきた食事を和食中心に変更するだけで改善できるでしょう。