老廃物が原因?運動しても汗のにおいが改善しない・・・

汗は主に3つの汗に分けられ、体温調節の為にかく汗を「加熱性発汗」、緊張や興奮した時にかく汗「精神性発汗」、辛いものや熱い食べ物を食べたときにかく「味覚性発汗」があります。

加熱性発汗や精神性発汗はすぐに臭いがきつくなることありませんが、汗の臭いには注意が必要です。汗のにおいを改善するためには適度に運動をこなし、汗腺から定期的に汗をかかすことが大切です。汗腺が退化してしまうと、いざ汗をかくときに臭ってしまうのです。また体に老廃物をためてしまうことも汗を臭わす原因となります。便秘にならないように食物繊維を多めに取ったり、乳製品を取ったり、身体に気を使っていても老廃物はすぐにたまってしまいます。老廃物が溜まってしまうと、汗が臭くなるのはもちろん、疲れやすい身体になったり、肌荒れを起こしてしまったりします。また太りやすくなったり、むくみやすくなったりと、身体に老廃物をためることはよくありません。

汗臭くなるのが嫌と言って運動しないでいると、通常にかく汗までもが臭くなってしまのです。運動することで臭い汗を改善できるといいのですが、頑固な老廃物がある場合、なかなか運動だけでは改善できません。運動したけど、改善しないという人はリンパマッサージをしてみることをお勧めします。

リンパマッサージをして老廃物を出します。お家でもオイルを使ってリンパを流すことが可能です。腕や足、お腹と心臓に向かって撫でるようにマッサージしまうしょう。オイルが無ければボディクリームでも代用は可能です。何もつけるものが無くても滑りは悪いですが効果はあります。マッサージすることで、すべての老廃物を排出させることは難しいですが、むくみがとれ動きやすくなります。もちろん代謝も良くなりますので、運動した時の汗が徐々に変わってきます。きっとさわやかな汗をかくことができるでしょう。

老廃物を排出することは身体にとって良いことがたくさんあります。たかがマッサージと思わず続けてみると汗はもちろん、身体が楽になるでしょう。